育成・対戦

【ポケモン剣盾】タイプ相性表、無効の状態異常などタイプの仕様まとめ

タイプ相性表

タイプ相性は『サン・ムーン』から変わらず。効果抜群はダメージ2倍、効果はいまひとつだとダメージ半減です。タイプ相性は重複するので、岩・悪の複合タイプのバンギラスに格闘技を撃つと、ダメージは2×2=4倍になります。ランクバトルでは、タイプ相性は基本中の基本のひとつです。いきなり覚えるのは難しいので、最初はタイプ相性表を見ながら、少しずつ覚えていきましょう。

タイプの特徴

タイプ 特徴
ほのお 「やけど」状態にならない
でんき 「まひ」状態にならない
くさ 「やどりぎのタネ」や粉・胞子の技、特性「ほうし」無効
こおり 「ぜったいれいど」無効、「こおり」状態にならない、「あられ」のダメージ無効
どく 「どくどく」必中、「どく」状態にならない、場の「どくびし」を解除できる
じめん 「でんじは」無効、「すなあらし」のダメージ無効
ひこう 「まきびし」「どくびし」「ねばねばネット」の影響を受けない、フィールドの恩恵を得られない
いわ 「すなあらし」のダメージを受けず、特防が1.5倍になる
ゴースト 逃げられない状態でも交代や逃亡ができる
あく 相手の「いたずらごころ」の変化技(場を対象とする技を除く)を無効にする
はがね 「どく」状態にならない、「すなあらし」のダメージ無効

地面タイプの欄に「でんじは」無効を書いたのは、他の電気タイプの変化技は地面タイプにも有効だからです。

剣盾から対戦デビュー

新米トレーナー向けに、剣盾から始めるポケモン育成・対戦講座を作りました。

剣盾から始める育成・対戦講座

-育成・対戦

Copyright© マーポケ , 2022 All Rights Reserved.