PickUp 育成・対戦

【初心者向け】コダックでもわかる!3値(種族値、個体値、努力値)解説【ポケモン剣盾】

ポケモンのステータスは、レベルを除き、「3値」と呼ばれる「種族値」「個体値」「努力値」と、「性格」の4つの要素で決まります。初心者はもちろん、コダックでもわかるように、超ていねいに解説します。

「3値」とは

「3値」とは「種族値」「個体値」「努力値」を指す言葉で、これらはどれも非公式な単語です。非公式でありながら、通信対戦で勝つには欠かせない要素であり、俗称が定着しました。

3値ざっくり解説

  • 種族値:ポケモンの種類ごとに違う強さの値
  • 個体値:同じポケモンの種類でも個体ごとに違う強さの値
  • 努力値:ステータスに割り振れるボーナスポイント

種族値とは

「種族値」は、ポケモンの種類ごとに決められた強さを数値化したものです。攻撃、防御などの各ステータスに数値が割り当てられています。あくまでステータスだけの話ですが、コイキングよりギャラドスのほうが強いのは、ギャラドスのほうが種族値が高いから、です。進化すると強くなるのは、種族値が高くなるから、とも言えます。

種族値比較

ポケモン HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計

コイキング
20 10 55 15 20 80 200

ギャラドス
95 125 79 60 100 81 540

ギャラドスのほうが圧倒的に強いのがわかります。種族値はステータスの高さを示す指数なので、ゲーム内で確認できる実際の数値とは異なります。ゲーム内で確認できるステータスの数値は「実数値」といわれます。

種族値の確認方法

種族値は隠しパラメータ、ゲーム内で正確な値を確認することはできません。他の値から逆算することもできるのですが、基本的には攻略サイトでしかわからないと思ってください。攻略サイトは『ポケモン徹底攻略』を使います。企業系攻略サイトの多くは、この『ポケ徹』の転載で、間違いも多いです。

個体値とは

「個体値」は、同じポケモンでも個体によって違う強さの数値のことです。同じ種類、同じレベル、同じ性格のポケモンを捕まえても、ステータスに違いがあります。つまり個体差、いわば才能ですね。良い個体値のポケモンを手に入れる作業のことを「厳選」といいます。

個体値の調べ方

個体値は隠しパラメータなので、ゲーム内で正確な値を確認することはできません。が、ボックスのジャッジ機能で、おおよその値を調べることができます。

ジャッジ機能

【ポケモン剣盾】ボックスのジャッジ機能の解禁方法、使い方【SWSH】

また、レベルや努力値(後述)、実数値から個体値を逆算することで、正確な個体値を確認することもできます。計算には『ポケモン徹底攻略』の個体値カリキュレーターを使います。

基本的に変動しない

個体値は生まれ持ったものなので、基本的に途中で上がったり下がったりすることはありません。例外は「すごいとっくん」で、個体値を上げられる唯一のシステムです。

すごいとっくん
エンディング後、シュートシティ バトルタワーで使えるシステム。Lv.100のポケモンのステータスのひとつ、あるいはすべてのステータスの個体値を最大にできる。

個体値の表記

個体値は攻撃、防御などのステータスそれぞれに、0~31の32段階の強さがあります。一番高い個体値(31)を「V」といいます。32進数での表記です。たとえば、素早さの個体値が一番高いギャラドスは「素早さVのギャラドス」といいます。ちなみに、上から2番目の個体値(30)は「U」、一番低い個体値はそのまま「0」です。

ステータスの略称

HP、攻撃、防御、特攻、特防、素早さは、それぞれH、A、B、C、D、Sと略されることがあります。その場合、先ほどの「素早さVのギャラドス」は「SVのギャラドス」と表記されます。たとえば「ASV」であれば、「攻撃と素早さの個体値が最高」という意味ですね。Vの数が重要なときは、Vの数が2つなので2Vと表記されることもあります。

その他の表記
Vは大文字、Uは小文字で表記することで個体値を表すこともあります。「攻撃と素早さがV、防御がU」は「AbS」になります。が、「めざめるパワー」が廃止された今作では、Uの価値がほとんどないので、廃れていくのではないかと思います。

努力値とは

「努力値」は、ゲーム内で「基礎ポイント」と呼ばれている隠しパラメータです。「タウリン」を使うと攻撃のステータスが上がるのは、攻撃の努力値が10上がるから、です。特定のステータスを伸ばすことができるので、ステータスをある程度コントロール、調整することができます。

努力値の上限

努力値は最大で合計510までしか上がりません。ので、上限なくステータスを上げることはできません。また、努力値はひとつのステータスにつき最大で252までしか上がりません。攻撃の努力値だけを510上げる、といったことはできず、振り分ける必要があります。

努力値の調べ方

努力値もまた隠しパラメータ、ゲーム内で正確な値はわかりません。ただ、ステータス画面で「Xボタン」を押すと、おおよその努力値を確認することができます。画像のザシアンの「こうげき」「すばやさ」がキラキラしているのは、努力値が上限の252まで振られていることを表しています。また、上限の合計510まで振られているザシアンはグラフの色が青、まだ上限まで努力値を振られていないニャースはグラフの色がオレンジになっています。

努力値の上げ方

ドーピングアイテムの話をしましたが、基本的にはポケモンを倒したり捕まえたりしたときに、メッセージなどは表示されずにひっそりと、手持ちのポケモン全員に加算されます。「コイキングを倒すと素早さの努力値が1上がる」といったように、ポケモンごとに倒すことで加算される努力値が決まっています。今作では、この方法で努力値を振ることは稀ですが、知っておかないと、思わぬ努力値が振られてしまうことがあります。

効率的な努力値振り

【最高効率】効率的な努力値振りの方法【ポケモン剣盾】

性格によるステータス補正

ここまで3値について説明しましたが、ついでに性格についても。性格もステータスに影響を及ぼす要素のひとつです。性格は、3値と比べると馴染み深いと思います。性格のほとんどは、特定のステータスを1.1倍し、他のステータスのひとつを0.9倍しています。

下がるステータス(0.9倍)
こうげき ぼうぎょ とくこう とくぼう すばやさ
上がる
ステータス
(1.1倍)
こうげき - さみしがり いじっぱり やんちゃ ゆうかん
ぼうぎょ ずぶとい - わんぱく のうてんき のんき
とくこう ひかえめ おっとり - うっかりや れいせい
とくぼう おだやか おとなしい しんちょう - なまいき
すばやさ おくびょう せっかち ようき むじゃき -
補正なし てれや、がんばりや、すなお、きまぐれ、まじめ

ゲーム内で補正を確認する方法

性格によって上がっているステータスは赤い文字、下がっているステータスは青い文字になります。このザシアンは特防↑、特攻↓の性格なので「しんちょう」だということがわかります。

性格補正の使い方

不要なステータスが下がり、伸ばしたいステータスが上がる性格を選ぶことで、無駄なく強化することができます。たとえば、ギャラドスは特攻が低く、特殊アタッカーには向きません。そこで、特殊技は覚えさせず、使える技を物理技だけにすれば、特攻がどれだけ低くても関係ありません。「いじっぱり」や「ようき」など、特攻が下がる性格が適当だといえます。

長所を伸ばすのが基本

性格は、ステータスを1.1倍するという関係上、長所を伸ばすほうが数値上お得になります。1の差が攻撃順を分ける素早さが上がる性格も選ばれやすいです。素早さの個体値がVで、努力値を素早さに最大まで振り、素早さが上がる性格の調整のことを「最速」といいます。同じ条件で素早さに補正がかからない性格の場合は「準速」といいます。

まとめ

くり返しになりますが…

3値まとめ

  • 種族値:ポケモンの種類ごとに違う強さの値
  • 個体値:同じポケモンの種類でも個体ごとに違う強さの値
  • 努力値:ステータスに割り振れるボーナスポイント

です。文字だとピンとこないかもしれませんが、厳選、育成していくうちにわかってきます。最初はシンプルにとらえておきましょう。

剣盾から対戦デビュー

新米トレーナー向けに、剣盾から始めるポケモン育成・対戦講座を作りました。

剣盾から始める育成・対戦講座

-PickUp, 育成・対戦

Copyright© マーポケ , 2022 All Rights Reserved.