【サン・ムーン】世界大会「ポケモンWCS2017」のルール・仕組み

世界大会「ポケモンWCS2017」のエントリー期間が始まっています。正確には、その予選の予選の大会「ポケモンJCS2017予選」のエントリー期間ですが。そのあたりの大会の仕組みと、今年のルールを解説します^^

スポンサーリンク
スポンサーリンク

世界大会「ポケモンWCS2017」の仕組み

「ポケモンワールドチャンピオンシップス2017」は、ポケモンの世界大会で、ゲームだけではなくカードゲーム部門もあります。あと「ポッ拳」も。今年の開催日は8月18日(金)~20日(日)、場所はアメリカのカリフォルニア州です。ここではゲーム「サン・ムーン」部門について説明します。

「ポケモンWCS2017」に出場するには、その予選にあたる大会「ポケモンジャパンチャンピオンシップス2017」に出場する必要があります。「ポケモンJCS2017」は6月18日(日)に東京ビッグサイトTFTホールで開催されます。

「ポケモンJCS2017」に出場するには、さらに、その予選にあたるインターネット大会「ポケモンJCS2017予選」で上位50名に入る必要があります。これはインターネット大会なので、インターネット環境があれば自宅からでも参加できます。

「ポケモンJCS2017」の上位8名は、「ポケモンWCS2017」のDAY2から参加できます。要はシードです。そのうち上位4名は、アメリカまでの往復の渡航費・宿泊費等を負担してもらえます。

ちょっとわかりにくいですが、「ポケモンJCS2017」の出場者は、結果にかかわらず「ポケモンWCS2017」に出場できます。「ポケモンJCS2017」に出場した=「ポケモンWCS2017」にもDAY1から出場できる、です。

 【公式】「サン・ムーン」部門

「ポケモンWCS2017」のルール

まず、「ポケモンWCS2017」「ポケモンJCS2017」「ポケモンJCS2017予選」のルールは共通です。

今年のルールは、禁止級伝説・幻のポケモンを除くアローラ図鑑のポケモンによるダブルバトルです。サン・ムーンで捕まえたポケモン、タマゴから生まれたポケモン、ふしぎなおくりもので受け取ったポケモンのみ使うことができます。つまり、過去作の教え技は使えない。

禁止級伝説にあたるポケモンは、ジガルデ・コスモッグ・コスモウム・ソルガレオ・ルナアーラ・ネクロズマ・マギアナです。レベル50フラットの6on4で、メガストーンは使えません。リージョンフォームを持つポケモンは「アローラのすがた」のみ参加できます。

過去作を持っていないトレーナーも対等な条件で戦えるように考慮されたルールですね。新人トレーナーも参加しやすくて、いいんじゃないかと思います^^詳細は公式サイトで確認してくださいね。

 【公式】ポケモンWCS2017ルール

スポンサーリンク

関連記事