ゼロから対人戦用のポケモンを育成する全体の流れ

ガブリアス

ゼロから対人戦用のポケモンを育成する全体の流れを紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

対人戦用のポケモンを育成する全体の流れ

ガブリアス

今回は、例としてガブリアスガブリアスを育成することにします。

1.型を決める

特性 さめはだ
性格 ようき
努力値 攻撃252 素早さ252 特防4
持ち物 ラムのみ
げきりん/じしん/がんせきふうじ/つるぎのまい

ガブリアスガブリアスは速攻型の物理アタッカー向きの種族値をしています。

素早さの種族値は102と最速にすることで素早さ種族値100族を抜くことができるので、性格「ようき」の最速のガブリアスを育成することにします。

努力値は攻撃252・素早さ252・特防6、持ち物は「やけど」などでの機能停止を防ぐため「ラムのみラムのみ」を持たせることにします。

技はタイプ一致技の「げきりん」と「じしん」、ひこうタイプの弱点を突けて小回りも利く「がんせきふうじ」、全抜きを狙える「つるぎのまい」を覚えさせます。

2.タマゴ技を遺伝させる

まずは、覚えさせる予定の技から「タマゴ技」という遺伝させないと覚えられない技をピックアップします。今回の例だと「げきりん」が該当します。

「げきりん」はキバゴキバゴから遺伝させることができますので、♂のキバゴを手に入れ、レベル56にして「げきりん」を覚えさせます。

次に、♂のキバゴと♀のフカマルフカマルを育て屋に預けてタマゴを孵化させると、「げきりん」を覚えたフカマルが産まれます。

3.性格を一致させる

『「かわらずのいしかわらずのいし」を持たせた「ようき」のメタモンメタモン』と『「げきりん」を覚えたフカマルフカマル』を、育て屋に預けてタマゴを孵化させると、「げきりん」を覚えた「ようき」のフカマルが産まれます(「かわらずのいし」を持たせると性格がかならず遺伝する)。

「ようき」のメタモンは、シンクロを利用して入手すると楽です。

 欲しい性格のポケモンを簡単に手に入れる2つの方法

4.素早さ個体値Vのポケモンを産ませる

「げきりん」を覚えた「ようき」のフカマルフカマルでも、素早さがVでないと素早さ100族を抜くことができませんので、素早さVの「げきりん」を覚えた「ようき」のフカマルを産ませます。

具体的には『「かわらずのいしかわらずのいし」を持たせた「げきりん」を覚えた「ようき」のフカマル』と『「パワーアンクルパワーアンクル」を持たせた素早さVのメタモンメタモン』を育て屋に預け、タマゴを孵化させます(「かわらずのいし」によって性格が遺伝し、「パワーアンクル」によって素早さVが遺伝する)。

素早さVのメタモンは、XYの場合はポケトレ連鎖を利用すると楽に入手できます。ポケトレで20連鎖以上すると、かならず1V以上のポケモンが出るようになります。

 ポケトレで60連鎖するいちばん簡単なポケトレ攻略法

これで、素早さVの「げきりん」を覚えた「ようき」のフカマルが産まれました。

2V、3Vが欲しい場合にはタマゴをたくさん産ませて厳選する必要があります。その場合は、もっと効率的な方法がありますが、大変なので初心者のうちは1Vで十分です(パーティを組むには6匹分同じことをしなくてはならないのですから^^;)。

初心者の方にはあまりオススメしませんが、効率よく厳選する方法は別の記事で紹介しています。

 ゼロから厳選する方法

5.努力値を振る

努力値を振ります。今回の例だと、攻撃252・素早さ252・特防6でしたね!

タウリンタウリン」などのドーピングアイテムや「きょうせいギプスきょうせいギプス」、パワー系アイテムなどの道具、ポケルスやスパトレを活用して努力値を振りましょう。

 いちばん簡単な努力値稼ぎの方法

6.技を覚えさせてレベル50以上にする

「じしん」「がんせきふうじ」「つるぎのまい」は技マシンで覚えられます。あとはレベル50にすれば完成です^^

 【XY】わざマシン100種類の入手場所・入手方法まとめ

 いちばんオススメの経験値稼ぎ・レベル上げの場所・方法

これで、対人戦でも通用するガブリアスガブリアスが育成できました!

持ち物を「きあいのタスキきあいのタスキ」にかえたり、「がんせきふうじ」や「つるぎのまい」を、「ストーンエッジ」「ステルスロック」「だいもんじ」「みがわり」にかえたりと、カスタマイズ性の高いポケモンです^^

まとめ

はっきりいって、結構大変です^^;これで1匹分ですので、パーティを組むには6匹分おこなう必要があります。

ので、個体値はある程度妥協し(あるいは無視し)、性格一致で努力値振りをおこなったポケモンでパーティを組むことを目標とするといいと思います。

対戦で勝つために育成を始めたのに、育成に時間をかけすぎて対戦ができないとなっては本末転倒ですからね!

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す