ポケモンのレート対戦でよく使われる14種類の道具

対人戦でよく使われる道具を14種類紹介します。自分が使わなくても、相手がよく使う道具として把握しておきましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

対戦用の道具

ストーリー攻略では使いにくかったり、縁がなかったりする道具も、対戦ではガンガン使われます。消耗品の道具もバトルが終わったら元に戻るため、きのみなども気兼ねなく持たせることができます。

自分が使わなくても、相手が何を持っているか予想することで、対戦を有利に運ぶことができます。今回紹介する道具はメジャーなものばかりなので、よく使われる道具として覚えておきましょう^^

よく使われる14種類の道具

  1. Zクリスタル
  2. メガストーン
  3. きあいのタスキ
  4. いのちのたま
  5. こだわりスカーフ
  6. こだわりハチマキ
  7. こだわりメガネ
  8. とつげきチョッキ
  9. たべのこし
  10. オボンのみ
  11. ラムのみ
  12. ゴツゴツメット
  13. じゃくてんほけん
  14. しんかのきせき

1.Zクリスタル

第七世代からの新要素であるZワザが使えるようになる道具です。単純に強力なので、優先して持たされるポケモンは多いです。構築にもよりますが、パーティに1~2匹はZクリスタルを持たされます。

2.メガストーン

メガシンカに必要な道具です。特性やステータスが大幅に強化されることがほとんどなので、パーティに1~2匹はメガシンカできるポケモンが採用されます。「トリック」などは無効、「はたきおとす」の追加効果も受けず、威力も上がりません。

 全メガストーン入手方法一覧

3.きあいのタスキ

HPが満タンの状態で、一撃で瀕死になる攻撃を喰らったとき、一度だけHP1で耐えることができる神アイテムです。低耐久で素早いポケモンとの相性が抜群で、どんなポケモンでも、ほとんどの場合、一度は行動することができるようになります。消耗品。

 BPを使わずに「きあいのタスキ」を入手する方法

4.いのちのたま

最大HPの1/10の反動ダメージを受けるかわりに、技の威力が1.3倍になります。こだわり系アイテムと違って小回りが利きますが、反動ダメージで持ち物がバレるというデメリットもあります。反動ダメージによって耐久が下がるため、もともと低耐久の高速アタッカーに採用されることが多いです。

 BPを使わずに「いのちのたま」を入手する方法

5.こだわりスカーフ

最初に選んだ技以外選べなくなるかわりに素早さが1.5倍になります。一度引っ込むことで技を選びなおすことが可能です。素早さが中途半端なポケモンに持たせることが多いですが、同速勝負や相手のスカーフ、積み技を意識して、もともと素早いポケモンに持たせることもあります。前者はカプ・テテフ、後者はカプ・コケコなど。

6.こだわりハチマキ

最初に選んだ技以外選べなくなるかわりに、攻撃が1.5倍になる道具です。この道具も、一度引っ込むことで、技を選びなおすことができます。この道具は、もともと火力のあるポケモンの決定力をさらに高めるために持たされることが多いです。

7.こだわりメガネ

最初に選んだ技以外選べなくなるかわりに、特攻が1.5倍になる道具です。「こだわりハチマキ」の特殊版。この道具も、高い火力を、さらに高めるために採用されることが多いです。

8.とつげきチョッキ

攻撃技しか出せなくなるかわりに、特防が1.5倍になります。補助技が使えなくなるので、アタッカーのポケモンに持たされます。

9.たべのこし

毎ターン最大HPの1/16を回復します。高耐久のポケモンが持つことが多く、「まもる」や「みがわり」とも相性抜群です。

 BPを使わずに「たべのこし」を入手する方法

10.オボンのみ

HPが半分以下になったとき、最大HPの1/4を回復させます。通常だと2発で瀕死になる攻撃を2発耐えるために持たせたり、そこそこ耐久があるポケモンに、とりあえず持たされたりすることもあります。この道具も消耗品です。

11.ラムのみ

一度だけ状態異常を回復させる道具です。「やけど」になることで機能停止する物理アタッカーや、「まひ」になることで機能停止する高速アタッカーに採用されることが多いです。汎用性が高いため、とりあえず持たされることも。きのみなので消耗品です。

 「ラムのみ」の入手方法

12.ゴツゴツメット

接触技を喰らったとき、相手に最大HPの1/6のダメージを与えます。物理技のほとんどが接触技なので、物理受けのポケモンに持たされることが多い道具です。第六世代ではメガガルーラ対策として非常に有効でした。第七世代では、最後の一匹が「ゴツゴツメット」で相討ちになった場合、「ゴツゴツメット」を使ったほうが負けになるように変更されました。

13.じゃくてんほけん

弱点を突かれた場合に、攻撃と特攻が2段階あがります。実質2倍ですね。弱点を突かれても耐える必要があるので、持たされるポケモンは限定的なのですが、数が多いギルガルドがよく持っているので、無視はできませんでした。マルスケカイリューが持っていることもあります。

14.しんかのきせき

進化前のポケモンに持たせると、防御と特防が1.5倍になります。高耐久の進化前ポケモンに持たされ、ラッキーやポリゴン2の持ち物は9割9分これです。

 「しんかのきせき」の入手方法

まとめ

もちろん、これら以外の道具が対戦で使われることもありますが、最初は、これらの存在を把握しておけば十分かなと思います。あとは「カゴのみ」とか「ひかりのねんど」とか、グライオンの「どくどくだま」とかも思いつきましたが、よく使われるってほどではないかなぁ。

対戦で使われる道具の多くがBPと交換する景品となっています。効率のいいBPの稼ぎ方は、別の記事で紹介してますので参考にしてください^^

 効率のいいBPの稼ぎ方

 「ゼロから始めるポケモン育成・対戦講座」に戻る

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す