ヒトツキの進化後はニダンギル!公開された技は「せいなるつるぎ」

ニダンギル

ヒトツキの進化後「Doublade」の日本語名がポケモンX・Y公式サイト公開されました!日本語名はニダンギル!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ヒトツキが進化したポケモン、ニダンギル

ヒトツキが進化したポケモン、日本語名はニダンギルでした!

ネット上で予想されていた「フタツキ」や「ダブレード」はかすりもしてませんでしたね。
「Doublade」からニダンギルという名前は出てこなくて当然だと思いますがw

公開された技は「せいなるつるぎ」!あくタイプ対策となるか?

ニダンギルの技として公開された技は「せいなるつるぎ」です。

せいなるつるぎ
・タイプ:かくとう
・分類:物理
・威力:90
・命中率:100
・効果:相手の能力変化を無視してダメージを与える。

上記のデータは第五世代のものです。

「せいなるつるぎ」は、
今まではコバルオン・テラキオン・ビリジオン、いわゆる三闘と
ケルディオしか使えるポケモンがいなかった珍しい技でしたが、
ニダンギルも使うことができるようですね♪

ニダンギルにとってはタイプ不一致の技となるため、
弱点を突かれるあくタイプ対策の技となるのでしょうか?

あくタイプには「ふいうち」があるので、
Wi-Fiバトルでは使いどころが難しそうです。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す