【サン・ムーン】新ポケモン「シルヴァディ」「ジャランゴ」「ジャラランガ」のタイプ・特性

シルヴァディ

どうも特別扱いされている新ポケモン「タイプ:ヌル」の進化形「シルヴァディ」と、サン・ムーンの600族だといわれている「ジャラコ」の進化形「ジャランゴ」「ジャラランガ」のタイプ・特性を紹介します^^

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シルヴァディのタイプ・特性

シルヴァディ

タイプ ノーマル
特性 ARシステム
マルチアタック

タイプ:ヌルの進化形です。タイプはノーマルですが、新特性の「ARシステム」により、各タイプに対応する道具を持たせることで、タイプを変更することができます。

これはアルセウスと、ほぼ同じ特性ですね!進化前のタイプ:ヌルは「神話に語り継がれるポケモンの力を目指して造られた」とのことだったので、そのポケモンはアルセウスのことだったんでしょう^^

シルヴァディもアルセウスと同様、持っている各タイプに対応する道具によって、技のタイプが変わる「マルチアタック」という専用技を持ちます。アルセウスでいう「さばきのつぶて」ですね!

また、アルセウスと同じように、持たせている各タイプに対応する道具によって、体の色が変わるようです。えー、まだアルセウスの色すら覚えてないのにーw。

専用イラストまで用意されているので、ストーリーに深くかかわってくる可能性が高く、種族値もある程度、高く設定されていると思われます。持ち物が、ほぼ固定になりますが、レートに通用するポテンシャルを持っているのか…楽しみですね^^

ジャランゴのタイプ・特性

ジャランゴ

タイプ ドラゴン・かくとう
特性 ぼうだん・ぼうおん

ジャラコの進化形です。タイプがドラゴン・かくとうという、今までにないタイプの組み合わせになります。フェアリータイプの技は4倍弱点になってしまいますが、ドラゴンタイプの技を半減する、はがねタイプに対して、かくとうタイプの技で弱点を突けるようになりました。

特性は、そのままですね。どちらも「めちゃくちゃ強い!」という特性ではないんですが、どちらかわからないとなると、相手にすると面倒だと思います。第六世代からは「ハイパーボイス」を防げる「ぼうおん」のほうが強いかもしれませんね。

ジャラランガのタイプ・特性

ジャラランガ

タイプ ドラゴン・かくとう
特性 ぼうだん・ぼうおん
スケイルノイズ

ジャラコ・ジャランゴの最終進化形です。根拠はいくつかありますが、今のところサン・ムーンの600族の可能性が非常に高いです^^

タイプ・特性は変わらず、専用技の「スケイルノイズ」が使えるようになります。「スケイルノイズ」は音に関する技で、使用後に防御が下がるデメリットがある、ドラゴンタイプの技です。下がるのが1段階なのか2段階なのかはわかりませんが、威力に優れた技だと考えるのが妥当でしょう!

感想

シルヴァディ

シルヴァディってニワトリっぽいですよね。拘束具を破壊して進化するという中二設定全開なんだから、もうちょっと格好よくてもよかった気がします^^;

ジャラランガの「スケイルノイズ」は、音に関する技ってことは特殊技なのかな?ジャラランガ自身は物理タイプっぽい見た目ですけどねー。動画ではジャランゴが「スカイアッパー」を使ってましたし。

何にせよ、600族はレートで活躍する可能性が高いですからね!まずは使ってみようと思います^^

 「サン・ムーン発売前の最新情報まとめ」に戻る

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す