【ORAS】零度スイクンとは?強さと対策・入手方法【禁止解禁】

シーズン12からORASリーグでも過去作産のポケモンが解禁され、零度スイクンに注目が集まってますね!零度スイクンとはどんなポケモンなのか?その強さや入手方法について紹介します^^

スポンサーリンク
スポンサーリンク

零度スイクンとは?

スイクン 色違い

性格 のんき(固定)
アクアリング
ぜったいれいど
しんそく
エアスラッシュ
親名 クラウン
ID 06180
ボール プレシャスボール
リボン クラシックリボン

零度スイクンとは「ぜったいれいど」を覚えたスイクンのことです。

親名からクラウンスイクンとも呼ばれ、かならず色違いです。

「ぜったいれいど」は通常のスイクンは覚えられず、2010年のポケモン映画「幻影の覇者 ゾロアーク」の前売り券の特典として配信されたスイクンが覚えている特別な技です。その後、海外でWi-Fi配信されましたが、それ以降の配信はない激レアのポケモンです。

零度スイクンの入手方法

ポケモン映画「幻影の覇者 ゾロアーク」

零度スイクンは、現在入手する方法がありません。

前述した2010年のポケモン映画の前売り券の特典として配信されて以降、海外でWi-Fi配信されたきり、入手する方法がない状態が続いています。

これは個人的によくないと思ってます。非実用的なポケモンならともかく、実用的なポケモンとなると新規参入者と差がついちゃう、というか選択の幅に差が出ちゃうじゃん!大した差ではないけど、新人ポケモントレーナーも同じ土俵で戦えるようにしてほしいです(´・ω・`)

私も持ってはいるんですが、すごい残念個体ですw

零度スイクンの強さ

零度スイクンの強さは、そのまま「ぜったいれいど」の強さに直結します。具体的には、

受けポケに強く、流し際に3割の確率で交代先のポケモンを倒せるというところです。

スイクンは、もともと決定力に欠けているポケモンなので、受けポケと対峙すると泥沼に陥りやすい、あるいは再生回復技の有無で押し切られやすいのですが、「ぜったいれいど」があれば一撃で突破することができます。

また、耐久が高く「れいとうビーム」を覚えられるスイクンは、トップメタの一角であるガブリアスガブリアスを流すことができます。流し際の「ぜったいれいど」は交代先のポケモンを3割で倒すことができます。こおりタイプの技なので交代先のポケモンに無効にされることもありません。

零度スイクンの対策

まず、出てきたときにボールが「プレシャスボール」かを確認しましょう。「プレシャスボール」は通常のプレイでは入手できないので、(「ぜったいれいど」を覚えているかどうかは別にして)配信されたものだと判別できます。もちろん、色違いかどうかも判別要素です。

「ぜったいれいど」などの一撃必殺技の対策には、先制「みがわり」が一般的です。

前述の理由で後出しからは安定しませんので、零度スイクンに起点を与えない選出や立ち回りが必要になります。

きあいのタスキきあいのタスキ」でもなんとかなりそうですが、「しんそく」を覚えている可能性があるので安定しません^^;

物理と特殊どちらで攻めるかは、スイクンが防御振りが一般的ですが、「とつげきチョッキとつげきチョッキ」や「ミラーコート」の存在も考えると難しいところです。が、「みがわり」で「ミラーコート」をスカせることを考えると、特殊のほうが安定しそうですね^^

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す