2015年ポケモン映画「光輪の超魔神 フーパ」の感想

2015年ポケモン映画「光輪の超魔神 フーパ」を観てきました!ので、感想を正直に書いていきます^^

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「光輪の大魔神」の感想

光輪の超魔神 フーパ

結論からいうと、

今までに私が観たポケモン映画の中でも、かなり面白かったです!

語りたい感想をいくつか挙げていきますね^^

ストーリーがシンプルでわかりやすい

「キュレムVS聖剣士 ケルディオ」のような設定の説明不足もなく、「破壊の繭とディアンシー」のような敵の伝説のポケモンの目的がわからないということもなく、よくまとまったシナリオだったと思います^^

ストーリーがシンプルでわかりやすかったともいえますね!

ポケモンはこれでいいんですよ!

ただ、伏線という伏線はほとんどありませんでした。妖怪ウォッチ「誕生の秘密だニャン!」のように、おとなが楽しめる伏線があると、もっとよかったなと思いました!

伝説のポケモンたちの威厳が保たれている

ルギア

伝説のポケモンがたくさん登場するということだったので、今回の主役のフーパの「かませ」になるんじゃないかとか、安売りになるんじゃないかと心配していたのですが、

伝説のポケモンたちの威厳はしっかりと保たれていました。

これは本当に安心した!伝説のポケモンたちが、めちゃくちゃかっこよかった!!

ただ、プロローグでちょっとだけ「かませ」扱いされます。最初は「あ、不安的中だ…」と心配になりましたが、中盤からはしっかり魅せてくれます^^

作画や演出は文句なし

作画が気になることもなく、演出もかっこよかったと思います。

特にメガシンカやフォルムチェンジ、伝説のポケモンたちの登場や技を放つシーンは、めちゃくちゃかっこよかったです!

特にキュレムのこおり技はかっこいいですね!一瞬で建物や川が凍りつく演出は、もはやズルいと思いますw伝説のポケモンは、鳴き声が自分のポケモン名ではなく、ちゃんと獣声なのもいいんですよねー^^

ゲスト声優も気にならなかった

私はゲスト声優については反対派なのですが、今回は特に気になりませんでした。

「ピカチュウとポケモンおんがくたい」のナレーション以外は。

劇場短編のナレーションって毎回気になるんですよねー。まあ、おとなの事情とかあると思うので、ある程度は仕方ないのかなとも思ってはいます。

まとめ

光輪の超魔神 フーパ

ストーリーもわかりやすく、演出もかっこよく、すごくよかったと思います。

特に不満という不満もありませんでした。が、作品の感想というのは賛否あるものですし、それでいいと思ってます。ので、あくまで私の感想ですけどね^^

ちなみに、いちばん面白かったと思うポケモン映画は「ミュウツーの逆襲」です。完全に思い出補正入ってますが、当時すごい号泣したことを覚えていますw

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す