【ORAS】エピソードデルタの感想

Nintendo DREAMの2015年6月号のインタビューで「エピソードデルタ」のヒガナについて書かれていたようなので、今さらですが「エピソードデルタ」の感想を書こうと思います。ネタバレと批評がありますので、ご注意ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

正直…

エピソード デルタ

個人的にORASのエンディングは素晴らしいと思ってまして、BWやBW2のように不完全燃焼でもなく、XYのようにチャンピオンが空気でもなく、心地よい達成感を感じられるエンディングでした!

が、その後に続く「エピソードデルタ」という追加シナリオ。

正直、いらなかったですね^^;

シナリオは不完全燃焼で、中心人物のヒガナには人間的な魅力がなく、直前のエンディングを台無しにしているとすら感じました。考察する気すら起きなかったです。

Nintendo DREAMのインタビュー

―― 「エピソードデルタ」の中心人物ですが、ゲーム内では語られなかったことも多く、ミステリアスな人物でしたね。
(中略)
大森 またシナリオ担当の話では、ヒガナ自身は特別な能力を持っているわけではなく、いたって普通の人なんですよ。
ヒガナはある日シガナという特別な能力を持つ人物の役割を引き継ぐことになるのですが、初めから伝承者としての能力があったわけではありません。
何もできない人間なりに彼女が行動していく、というのが「エピソードデルタ」の物語の一端なんです。
―― ゲーム内でははっきりと語られていないことですよね?
大森 はい。あえてぼかしています。「何者にもなれなかった」というセリフは出てきますが…。
なんとか世界を救おうとするものの、主人公に伝承することしかできなかったんです。
―― なるほど。
大森 明確な答えがズバリと提示される物語ではないんです。後はプレイヤーの皆さんが想像して、楽しんでもらえたらと思います。

引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1429624373/

ニンドリを実際に読んだわけではないですが、2ちゃんに書かれていたものです。インタビューによると「あえてぼかして」いるらしいですが、

私には説明不足としか感じられなかったです^^;

今後、エメラルドのリメイクが出て補完されるのか、エピソードデルタはこれで完結なのかはわかりませんが、個人的には、もう出てこないでほしいですw

ヒガナのデザインはかっこいい

ヒガナ

―― ヒガナのデザインについてはいかがでしょう?
杉森 デザインを担当したのは水谷恵さんです。
大森 外見に関しては、シナリオライターの趣味が入ってる気もします(笑)。髪は黒くて短くて…と、細かく指示がありました。
―― 胸の模様の部分は、メガボーマンダの翼のようにも見えますね。
杉森 ドラゴンタイプのポケモンを使うので、「ドラゴンつかい」っぽいアクセサリーも付けています。
森本 マントを付けていると一気にドラゴンつかいっぽくなりますね。

たしかに、細かく指示があっただけあって、ヒガナは良デザインですよね!「ドラゴンつかい」らしい、厨二臭いデザインがたまらないです^^ボール投げるモーションは、ちょっと怖いですがw

彼女に人間的な魅力があれば、もっと人気キャラになったと思うのですが…残念です^^;

 【Amazon】「Nintendo DREAM」2015年6月号

マークのひとこと
ポケモンに難解なシナリオは必要ないと思うんだけどなあ。ORAS本編くらいシンプルで丁度いい。
スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す