【ポケモンXY】物理受けポリゴン2育成論・調整

物理受けポリゴン2の育成論を紹介します。

ポリゴン2のタイプ・特性・種族値

ポリゴン2

タイプ ノーマル
特性 トレース(相手と同じ特性になる)
ダウンロード(相手の防御が高ければ特攻が、特防が高ければ攻撃が1段階上がる)
【隠れ特性】アナライズ(後攻で繰り出す技の威力が1.3倍になる。相手の交代時にも適用される)
種族値
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計
85 80 90 105 95 60 515
タイプ相性
ばつぐん(4倍)
ばつぐん(2倍) かくとう
いまひとつ(1/2)
いまひとつ(1/4)
こうかなし ゴースト

素早さがちょっと低めの平均的な種族値をしていますが、耐久に特化して「しんかのきせき」を持つことで異常に堅くなります。「じこさいせい」も覚えるため、半端な火力での突破を許しません。

また、受けの弱点である火力不足を「イカサマ」で補うことができ、積みアタッカーにも強いところも特長です。

依存している「しんかのきせき」をはたき落とされたり、「トリック」でこだわり系の道具を押しつけられると役割を果たせなくなります。

物理受けポリゴン2

ポリゴン2

特性 トレース
性格 ずぶとい(防御↑攻撃↓)
努力値 HP244 防御252 素早さ12
持ち物 しんかのきせき
確定技 イカサマ/じこさいせい
選択技 れいとうビーム/10まんボルトorほうでん/どくどく

ポリゴン2のテンプレです。HBベースにHPを16n-1に調整し、余りを素早さに振っています。

「ゴツゴツメット」を持てないため、ダメージソースは「イカサマ」や「どくどく」など、技で相手を削ります。

一貫性が高く、積み技に強く、努力値を割く必要もない「イカサマ」は確定。役割遂行のため「じこさいせい」も確定。ガブリアスやボルトロスなどへの「れいとうビーム」、ギャラドスやパルシェンなどへの「10まんボルト」や「ほうでん」、クレセリアなど耐久ポケモンへの「どくどく」などから選択します。

パルシェンの「からをやぶる」後の「つららばり」5連を耐えられるのは偉い。でんきタイプの技で返り討ちにできます。

多くのポケモンを受け切れますが、突破される場合は、「じこさいせい」が間に合わない高火力の攻撃やかくとうタイプの攻撃、「どくどく」、「しんかのきせき」を「はたきおとす」で落とされて突破されることなどが考えられます。

関連記事

2017~2018年「ポケモンおせち」予約受付中

毎年恒例!今年も「ポケモンおせち」が販売されます!

現在、予約受付中!今年の特典は「イワンコの小皿」2枚と「ピカチュウ・モンスターボール柄のランチョンマット」です!

2件のコメント

  • ともはる

    以前から読ませて頂いてましたが、初めてコメントさせて頂きます。
    最近、コイツとゴツメサンダー、クレセリアが凄まじい勢いで増殖してますよね。
    ガブリアス好きとしては動きにくい事この上ないです。。。
    火力インフレって言われてますけど、良く対応してますよね。

    • マーク(管理人)

      ともはるさん、はじめまして^^以前から読んでくださって、ありがとうございます!

      そうですねー。相手のパーティにポリ2とサンダーかクレセリアの2匹がいると選出が縛られすぎてヤバいです^^;

      ガブは動きにくいですね。まあ、ガブが自由に動けると相手のパーティを半壊させられますがw動きにくくても数が減らないということは、そういうことなんでしょうね!

      私も、火力インフレといわれながら、技構成によって受け切れるポケモンがいるというのは、よくできたゲームバランスだと思います^^