【ポケモンXY】メガライボルト育成論・努力値調整・対策

まさかのメガシンカを得た、
メガライボルトの育成論を紹介します^^

スポンサーリンク
スポンサーリンク

メガライボルトのタイプ・特性・種族値

メガライボルト

タイプ:でんき
特性:いかく(場に出ている相手全員の攻撃を1段階下げる)

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早 合計
70 75 80 135 80 135 575
ばつぐん(4倍)
ばつぐん(2倍) じめん
いまひとつ(1/2) でんき/ひこう/はがね
いまひとつ(1/4)
こうかなし

※特性「ひらいしん」の場合、でんき無効。

ライボルトはメガシンカすることで、耐久が少し伸び、特攻と素早さが大きく伸びます。
特に素早さの伸びの影響は大きく、素早いポケモンを軒並み抜くことができます。
めざパ氷を採用する場合、特攻が伸びることで、
ガブリアスへの打点が大きくなるのもポイント。

特性は威嚇になります。
これにより、メガシンカ→威嚇→先制ボルトチェンジで交代という展開ができます。
メガシンカより相手の交代の処理が先なので、
相手の交代先に威嚇が入れられるというところも優秀。

終盤は、もちろん特殊アタッカーとして活躍できます^^

メガライボルト育成論・努力値調整

性格:おくびょう
特性:ひらいしん→いかく
努力値:HP108/防御24/特攻140/素早さ236
持ち物:ライボルトナイト
技構成:ボルトチェンジ/10まんボルト/めざめるパワー(氷)/選択技
選択技:オーバーヒート/かえんほうしゃ/まもる

特殊アタッカーとしてのメガライボルトは、ほぼ完成しており、
努力値配分を除けば、ほとんどが上記の構成です。
メガシンカ→威嚇→先制ボルトチェンジを展開し、
後半は特殊アタッカーとして運用します。

努力値配分はめざパ氷の理想個体(V-偶-U-V-V-V)を想定しています。
HPは16n-1調整、防御に24振ることで陽気ガブの地震を威嚇込みで確定で耐えます。
素早さはメガシンカ前の状態で最速ガブ抜きです。
残りを特攻に。
メガライボルトの調整の中ではオーソドックスな配分ですね。

あるいは…

HP12/防御72/特攻188/素早さ236

できるだけ少ない努力値で、陽気ガブの地震を威嚇込み確定耐え調整した配分です。
特殊に脆くなる分、特攻に努力値を多く回せます。

ちなみに、特攻全振りでも、めざパ氷でガブリアスが中乱数1発。
これは惜しい。

攻撃範囲は電気+炎+氷と非常に広く、受け切れるポケモンは少数です。
素晴らしい!!

相性のいいポケモン

ギャラドス

ギャラドス

ライボルト+ギャラドスの組み合わせはメジャーです。

ライボルトの弱点である地面を、ギャラドスが無効化、
ギャラドスの弱点である電気を、メガシンカ前のライボルトが無効化、
ライボルトのメガシンカ後は、ダブル威嚇で相手の決定力を削ぎ落とします。

苦手なポケモン(メガライボルト対策)

メガフシギバナ

メガフシギバナ

メイン技は半減され、サブ技は等倍、威嚇は無意味と、かなり苦手なポケモンです。
先制でボルトチェンジが撃てますので、安定して逃げることはできるものの、
後続への負担はまぬがれません。

ラグラージ

ラグラージ

すべての攻撃を半減以下で受けられる上、威嚇こそ入るものの、一致技で弱点を突かれます。
めざパ草があれば対処できますが、ガブへの有効打となる、めざパ氷と選択。
ガブを意識した調整なので、めざパ氷のほうが優先度は上です。

マンムー

マンムー

特性「あついしぼう」のマンムーは、炎が弱点ではないので厳しい相手です。
威嚇は有効ですが、当然、相手の一致技で弱点を突かれます。

マークのひとこと
攻撃範囲の広いポケモンは好み!
電気+炎+氷とか美しさを感じる。
…うん、マークだけだね。
知ってた。
スポンサーリンク

関連記事

最新作「ウルトラサン・ムーン」予約受付中

ポケモン最新作「ウルトラサン・ムーン」予約受付中!発売日は11月17日(金)です!

早期購入特典は「ルガルガン(たそがれのすがた)」に進化するイワンコです!

2017~2018年「ポケモンおせち」予約受付中

毎年恒例!今年も「ポケモンおせち」が販売されます!

現在、予約受付中!今年の特典は「イワンコの小皿」2枚と「ピカチュウ・モンスターボール柄のランチョンマット」です!