バケッチャのサイズが特大か確認する判別(判定)方法

バケッチャのサイズが特大か確認する
判別(判定)方法を紹介します^^

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バケッチャのサイズ

バケッチャには、S・M・L・LLの4種類のサイズがあり、
小・中・大・特大と区別する場合もあります。
サイズが大きくなるにつれ素早さ種族値が下がり、HP種族値が上がります。
(合計種族値は同じ)

ので、物理受けのパンプジンを育成する場合は特大が好ましいという、
見た目だけではなく、対戦においても重要な要素となっています。

サイズ別の特徴

S(ちいさいサイズ)

バケッチャ(S)

特徴は特にありません。
当然ですが、小さいのが特徴です。

M(ふつうのサイズ)

バケッチャ(M)

フレンドサファリに出現するバケッチャは、すべてこのサイズです。
なので、現状、隠れ特性(夢特性)のバケッチャは、すべてこのサイズとなります。

S(おおきいサイズ)

バケッチャ(L)

特徴は特にありません。
当然ですが、普通のサイズより大きいのが特徴です。

S(とくだいサイズ)

バケッチャ(LL)

他のサイズのバケッチャより出現率が低く、鳴き声も低いです。
また、野生の特大サイズのバケッチャは、かならず「きせきのタネ」を持っています。
対戦で使う物理受けパンプジンのほとんどが、HPの高い、このサイズです。

大きさの判別方法

特大サイズの判別方法

くり返しになりますが、野生の特大サイズのバケッチャは、
かならず「きせきのタネ」を持っています。

先頭を特性「おみとおし」のポケモンにして、
「きせきのタネ」を持っているか確認すると効率がいいですね!

特性「おみとおし」
相手が持ち物を持っている場合、相手の持ち物が表示される。

ただし、他のサイズのバケッチャも10%の確率で「きせきのタネ」を持っているため、
「きせきのタネ」を持っている=特大バケッチャ、ではありません。

次の判別要素になるのが鳴き声です。
特大サイズのバケッチャの鳴き声は、他のサイズのそれよりも低めになっています。
図鑑でサイズ別の鳴き声を確認できるので、そこで聴き比べるといいでしょう。

他のサイズの判別方法

他のサイズは、単純に大きさで判別するしかありません^^;

フレンドサファリに出現するバケッチャは、すべてMサイズなので、
そのバケッチャを基準に比較するとわかりやすいですね。

大きさの遺伝法則

バケッチャのサイズは遺伝します。
遺伝法則は、ポケモンの種族の遺伝法則と同じになっており、

♂×♀=♀のサイズ
♂×メタモン=♂のサイズ
♀×メタモン=♀のサイズ
♀×その他=♀のサイズ

となっております。

♂でも♀でもいいので、特大サイズのバケッチャをゲットできれば、
特大サイズのバケッチャのタマゴを見つけられるということになります^^

マークのひとこと
2014年の秋ごろにパンプジン強制参加の大会がある予定!
ゴーストタイプ限定の大会だけど、
やっぱり需要は特大サイズにあるんだろうか。
スポンサーリンク

関連記事

最新作「ウルトラサン・ムーン」予約受付中

ポケモン最新作「ウルトラサン・ムーン」予約受付中!発売日は11月17日(金)です!

早期購入特典は「ルガルガン(たそがれのすがた)」に進化するイワンコです!

2017~2018年「ポケモンおせち」予約受付中

毎年恒例!今年も「ポケモンおせち」が販売されます!

現在、予約受付中!今年の特典は「イワンコの小皿」2枚と「ピカチュウ・モンスターボール柄のランチョンマット」です!