【大会】「PGLジャパンカップ2014」使用率ランキングが公開!

PGLジャパンカップ2014

先日おこなわれた、「ポケモンWCS2014」の予選大会、
「PGLジャパンカップ2014」のポケモン使用率ランキングが
公開されました!^^

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ポケモン使用率ランキング

各カテゴリごとにランキングが公開されてますが、
ここではマスターカテゴリについて書こうと思います^^

1.ガブリアス
2.ファイアロー
3.ガルーラ
4.ギルガルド
5.モロバレル
6.ボーマンダ
7.ウォッシュロトム
8.バンギラス
9.サーナイト
10.クチート
11.ヒートロトム
12.マリルリ

ここでも、いちばん人気はガブリアスでした!

いや、人気すぎだろ^^;

2位以下もファイアローやガルーラ、ギルガルドなど、
シングルで人気のポケモンが続きます。

5位のモロバレル、6位のボーマンダは、
ダブルでないと見かけないポケモンですね!

ガブリアス

技構成はドラゴンクロー/地震/岩雪崩/守るが人気。
ダブルでは対象を選べない逆鱗ではなく、ドラゴンクローが採用されます。

ので、ダブルだと弱体化するといわれるガブリアスですが、
それでも使用率1位とは、さすがですね^^;

持ち物はラムの実が、いちばん多かったです。

ファイアロー

ブレイブバードは、ほぼ採用されており、採用率の高い順に、
フレアドライブ/守る/追い風/とんぼ返り/ファストガード/鬼火/挑発/寝言と、
補助技を絡めて採用された技の幅が広いポケモンとなりました!

が、持ち物は珠と鉢巻が最も多く、次点で青空プレート、
やはり、アタッカーとしての運用が本分のようです。

ガルーラ

もちろん、持ち物は、ほぼガルーラナイト、
予想されていた通りの大人気っぷりです。

技は不意打ち/猫騙し/恩返し/グロウパンチが多く、
捨て身タックル/アームハンマー/守るも、そこそこ採用されています。

しかし、ダブルで守るよりも、
攻撃することを求められているポケモンなんですね^^;

ギルガルド

食べ残しを持たせた、特殊型ギルガルドが多かったようですね!

キングシールド/シャドーボールは、ほぼ採用されており、次点はラスターカノン、
そして、身代わり/聖なる剣/ワイドガードが続き、ちょっと採用率が落ちて影打ちです。

守るではなくキングシールドや身代わりが採用されており、
読み合いがアツいポケモンですね!

モロバレル

シングルでは、ほとんど見ない、ダブルで輝くポケモンですね!
トリックルーム対策に素早さを落とし、
ゴツゴツメットを持たせた耐久型が多かったようです。

技構成は怒りの粉/キノコの胞子/守る/ギガドレインという、
BW時代から変わらない安定した構成がダントツでした。

ボーマンダ

こちらも、シングルでの採用率は控えめなポケモンですね!
威嚇は相手のポケモン2匹に入ります。

持ち物は、スカーフがダントツです。
やはり、これだけガブが台頭していると、
ガブや、その対策ポケモンを抜けないとお話にならないんでしょうね^^;

威嚇で相手の火力を削ぎつつ、先制流星群で負担をかけて交代を繰り返します。
繰り出し性能が高いのも、おいしい^q^

まとめ

シングルで人気のポケモンたちに、
ダブルで輝くポケモンが数匹まぎれたようなかたちになりましたね!

シングルでは活躍が難しいポケモンが、
ダブルで活躍するとうれしくなります(・∀・)

そういう意味では、メガシンカも、
活躍が難しいポケモンだけにあげてほしかったです。
今さらですが^^;

今回、参考にしたページはこちら!
ジュニアとシニアのランキングもあるよ!

マークのひとこと
まさか、ガブが1位とは…!個人的にはマンダ推し。
新タイプのフェアリーが数匹、上位に入ってたのはよかった!
スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す