【XY】加速バシャーモのバトン先にオススメの2匹のポケモン

アタッカーではなく、バトンタッチ要員としても活躍しているバシャーモ。そのバトンタッチの後続、バトン先にオススメのポケモンを紹介します♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バトンタッチ要員

加速バシャーモはアタッカーとしてだけではなく、
バトンタッチ要員としても優秀です。

1ターン守るだけで素早さが1段階上がりますし、
ビルドアップや剣の舞、気合い溜め、身代わりなど、
バトンタッチ向きの技を、たくさん覚えます。

 「バトンタッチ」とは?

「バトンタッチ」とは、控えのポケモンと入れ替わる技です。
能力変化や一部の状態変化を、後続のポケモンに引き継ぐことができます。

持ち物は、積み技を使う1ターンを凌ぐため、
気合いのタスキが採用されることが多いです。
事前に壁を張るなら弱点保険という選択肢も。

また、バトンタッチ要員としてバシャーモを紹介しましたが、
サクラビスの殻を破るバトン(からやぶバトン)も有名です。

サクラビス

からやぶバトンの場合は、下がるステータスを元に戻すため、
白いハーブが採用されます。

バトン先に求められること

選出枠のひとつをバトンタッチのために使うのですから、

バトン先には全抜き性能が求められます。

全抜き性能というのは、
バトンを受け取ったら相手のポケモン3匹を
一気に倒せる性能のことです。

つまり、火力があるポケモンということになるのですが、
ただ火力があるだけでは、気合いのタスキで耐えられて、
返り討ちに遭ってしまう可能性があります。

また、耐久がなければ先制技で落とされてしまいますし、
攻撃範囲が狭ければ、特定のポケモンを突破できず、
全抜きできないことも考えられます。

そこで、火力があり、気合いのタスキをものともせず、
先制技で落とされない耐久を持ち、
広い攻撃範囲を持つポケモンを紹介します!

バトン先にオススメの2匹のポケモン

1.メガガルーラ

メガガルーラ

ご存知、メガガルーラです。

恩返し、噛み砕く、地震、大文字という広い攻撃範囲を持ち、
特性「おやこあい」により相手のタスキを貫通できます。
弱点は格闘のみで、耐久もそこそこありますので、
バトン先にピッタリです!

彼女は本当に優秀ですねー^^;

 メガガルーラの育成論はこちら

2.メガヘラクロス

メガヘラクロス

そして、メガヘラクロスです。

はじめてデザインを見たときは、
あまりのかっこ悪さに驚いたものですが、
バトン先のメガヘラクロスに3タテ(全抜き)されたときは、
もっと驚きました^^;

特性「スキルリンク」によりタスキ貫通、
攻撃範囲もミサイル針、タネマシンガン、ロックブラスト、地震と
かなり広いです。

欠点は飛行4倍なので、ファイアローに弱いところ。
見せ合いの段階で相手のパーティにファイアローがいれば、
選出しないのが無難です。

まとめ

「やっぱりメガガルーラかー」と思った方もいるかもしれませんが、
やっぱりメガガルーラです^^;

最近は、対策が蔓延って、多少、動きにくくなりましたが、
やはり単純な単体性能は群を抜いています。

メガヘラクロスは、デザインはかっこ悪いし、
メガシンカすると素早さが下がるしと、
完全にネタ枠だと思ってたんですが、
バトンを受け取ると一気に化けますね!

ちなみに、バトンタッチの前にステロが撒けるのであれば、
相手のタスキを潰せるので、バトン先の候補は一気に多くなります。
(先発のタスキは潰せませんが)

全抜きを図るときは、タスキの突破が難関なんですよね^^;

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す